どんな家族が理想なの?

既婚女性、未婚女性問わず「理想の家庭像」を持っている人は多いと思います。

「自分が育ってきたような家庭」を自分も作りたい

幼少期は幸せではなかったので、絶対幸せな家庭を手に入れたい

人によって、そのイメージは様々だと思いますが
ある程度は、傾向が見られるものでもあります。

今の中年女性は、一体どんな家庭を理想としているのでしょうか?

幸せな家庭は私1人・・・

そんな女性も増えていますが、多くの方が「優しい夫」や
「かわいい子供」と一緒に、食卓を囲むイメージを持つと思います。

子供を持つか否かの考え方

もう相手はいる、結婚しているという女性が
次に考える計画は「子供」ではないでしょうか?

一昔前は、「子供は多ければ多いほど良い」と考えられていましたが
日本が少子高齢化の問題に直面していることは、多くの方がご存知だと思います。

1人の女性が一生に産む子供数を「合計特殊出生率」と言いますが
日本は現在1.42と、右肩下がりが下げ止まった状態になっています。

1947年から計測が始まっており、最初の年は何と4.5!

男性が戦争から帰ってきたことによって、一時的に高かったことも考えられ
その後は1950年代中頃から急激に減少しました。

そして、1960年頃から、ついに「2.0」をきり始めます。

赤ちゃんは、「男女」のカップルから生まれるため
出生率が2.0を切る始めると、人口は減少していくことになります。

合計特殊出生率は未婚の女性も含める一夫で
結婚している夫婦がによる子供の数は「完結出生児」と呼び
1.96をぎりぎり2人を下回る程度で、「結婚している」女性は
「だいたい2人くらい」生んでいることになります。

子供が欲しいカップルは何人欲しい?

しかし、最近は結婚していても
「産む女性」「産まない女性」の差が開いているようです。

ある調査では、未婚・既婚関わらず理想の子供の数は
「2人」となっており、これは完結出生児数と一致しますが

  • 生まない人
  • 1人生む人
  • 3、4人生む人

この3パターンで平均値が2人になっている傾向があります。

欲しいけど生めないカップルも

上記のパターンが増える原因として
「結婚前は2人欲しかったけど、やっぱり産めない」という
カップルが、非常に多いことが挙げられます。

その理由として

  • 2人目は経済的に厳しいことが分かった
  • 1人目の育児が大変で、2人3人は考えられない

以上の2パターンが突出して多くなっています。

直面して初めて分かることも多いようです。

また昨今、「不妊治療」を受けるカップルが増加傾向にあります。

これは、晩婚化と高齢出産が増えたことも影響しており
「欲しい、作ろう」と思った時には「もう、遅かった」
という自体に直面する夫婦が増えていることが大きく影響しています。

また、結婚はしたくないけど子供が欲しいという人が
男女問わず増えており、新しい時代の変化を感じさせます。

何事も計画通りに進めることは難しいものですが
「家族計画」こそ、究極に難しいものではないでしょうか?

「幸せな家庭」と聞いて思い浮かぶイメージを実現することは
意外と難しく、両親のすごさを実感することも多いと思いますが

基本的には、昔に比べて「あらゆる幸せ」が
手に入れることがより困難になってきていることは間違いありません。

両親を参考にしたり、イメージに縛られるのは止めて
自分の幸せな家庭像を、しっかり考えてみることが大切です。

その日々の悩みは「女性ホルモン」が原因かも?

女性の体に「生理」という現象が起きる
その根本要因は「女性ホルモン」の働きにあります。

その、最も大きな目的は「妊娠」「出産」でありそもそも生理とは
受精しなかった「卵子」を排出するための現象になります。

そして生理痛・生理不順とは、排卵~生理までの流れを司る

  • エストロゲン
  • プロゲステロン

という、2つのホルモンの分泌量を調整する過程で
起きると言われており、不安定な時期になりやすいと考えられます。

女性ホルモンが乱れることによって招かれるトラブルは
生理にまつわるものだけでなく、

  • 肌荒れ
  • 脱毛

といった、美容に関するものも多く
女性ホルモンは、女性の体の全ての要素に影響を与えるものになります。

まずは「イソフラボン」の摂取を!

この女性ホルモンの環境を正常化することが
女性が前向きに生きるための、根本的な改善策と考えられます。

そして、そのための大きな鍵を握っている要素が
「食生活」によって摂取する栄養素であり
その中でも「イソフラボン」は、特に重要な栄養素になります。

イソフラボンは、主に大豆(大豆イソフラボン)に含まれているものであり
女性であれば誰でも、一度は耳にしたことがあるはずです。

大豆イソフラボンを代表とした「植物性イソフラボン」と呼ばれる成分は

大豆製品の他に、

  • 梅干し
  • ゴマ
  • リンゴ
  • キャベツ
  • ざくろ

といった食材に含まれています。

イソフラボンの持つ働きとしては、不足している女性ホルモンを補うと共に
過剰に働いていてしまっているホルモンを抑えるというものもあります。

「更年期」に起きる生理不順は、女性ホルモンの減少が主な原因であり
また若年層の、不安定なホルモン分泌も生理痛の要因となります。

このどちらにも、効果を期待できることが大きなメリットです。

摂取が難しいなら「サプリ」の利用がおすすめ!

イソフラボンは、その他の有効成分を含んだ「ハーブ」といったものとは異なり
大豆製品を中心として、日常生活の中で摂取しやすい栄養素になります。

しかしながら、大豆食品が苦手であったり
食が細い傾向のある女性は、サプリ等によるサポートも検討しましょう。

「サプリ」は、漢方に比べてリーズナブルなアイテムであり
特に「更年期サプリ」と呼ばれるものには
主成分として、大豆イソフラボンが含まれていることが多いです。

初潮~閉経まで、何とトラブルもなかったという女性は
非常に稀であり、誰であってもリスクを抱えています。

女性ホルモンの乱れは、誰にでも起きるものであり
そのため「食生活」といった、日常でできる対策しておくことが大切になります。