女性の健康のバロメーターは「基礎体温」である

生理不順をはじめとした、「独特の不調」に悩んでいる女性は
「基礎体温」もバラバラで、不安定になっている傾向があります。

それらを改善するためには、基礎体温を安定させることが大切です。

基礎体温は、子供を望むカップルが
タイミングをとるために計るものと思われがちですが

体調の改善を目的としても、毎日計る習慣は有効です。

女性の体はデリケートであり、ほんのちょっとの体の変化でも
すぐに症状が現れる場合があり、「体温」がそれらを反映することも多いです。

ちょっとした変化にすぐ気付くためにも、予防として
自分の基礎体温と基礎体温の変化をチェックする期間を設けてみましょう。

サイクルを保つことが健康の維持につながる

そもそも人間(恒温動物)は一定の体温を保つ性質があり、保たなければなりません。

「平熱」と呼ばれる、基本的な温度から1℃変動するだけでも
体調や、体内の環境は大きく変わってくるはずです。

そして、さらに女性の体温は複雑です。

女性の平熱(基礎体温)は、その時の生理の環境
つまり、女性ホルモンの分泌状況によって変わります。

それは女性ホルモンによる、妊娠するための仕組み作りの過程でもあります。

「高温期」と「低温期」と呼ばれる2つの期間があり
0.4~0.6℃くらいの体温の違いがあります。

基礎体温の変動は、「排卵」と「生理(月経)」の
2つのタイミングをきっかけとして変動します。

低温期(低温相)

生理が終った後に、徐々に体温が下がり
次の排卵までに卵子を成熟させるための期間を
「低温期」と呼び、体温が低く保たれます。

この低温に保たれている期間は、個人差が大きく
14日~20日前後、低温期が続く人もいます。

そして、排卵をきっかけに体温は上昇していきます。

高温期(高温相)

排卵をした日を境に、体温は上昇していきます。

これは妊娠した場合に備えて、胎児を守る環境を作るためであり
子宮の壁が厚くなったりして、「妊娠してもいい」状態に変化します。

そして、妊娠しなかった場合に生理が来て
徐々に体温は低下していき、次の排卵に備えます。

この生理サイクル・基礎体温の変化は、「エストロゲン」をベースとして
高温期に「プロゲステロン」の分泌が増えることによって保っています。

これらの女性ホルモンの分泌量を安定させることが
基礎体温を安定させることであり、生理不順の改善につながります。

基礎体温を安定させるために意識すべきこと

基礎体温の安定のさせて、生理不順を治すためには
女性ホルモンの分泌を司る「自律神経」のバランスを整えることが重要です。

自律神経を乱す大きな原因として、

  • 栄養不足
  • 睡眠不足
  • ストレス

以上の3つの項目が挙げられ

これらの状況を改善していくしかありません。

基本的な対策としては、

十分な栄養・十分な睡眠による、規則正しい生活を心がけ
なるべくストレスを発生させない(回避する)、定期的に解消すること

何よりも冷え性の改善が重要です。

「たかが冷え性」と思っている方も多いと思いますが
冷え性による女性の体への悪影響はとても大きく、全ての婦人病の元でもあります。

特に将来的に妊娠・出産を考えている人にとって、基礎体温を安定させることは
排卵をスムーズにすることにつながるため、とても大切な要素になります。

花嫁のためのダイエット心得

「ダイエット(減量)」とは、基本的に苦しいものであり
誰もが「本当はしたくない」ものでもあります。

そした、だからこそ「増える」方向に向かいがちなのです。

本来であれば、「減量するはめにならない」ということが大切です。

そして花嫁ダイエットとは、その素晴らしい「きかっけ」となるものです。

苦しい(これはある程度避けられません)経験の先には、
幸せな1日が待っており、それは何とも幸せなことでもあります。

そして、更にその先を考えた際にもメリットが多いものです。

「ダイエットにゴールはない」と心に刻む

まず、ダイエットに「ゴール」はありません。

生きている限り、常に太るリスクは付き物です。

また「文句なく痩せた」と言える体重に関しても、人それぞれであり
結婚式の日までに、理想の体重になることは非常に難しいものです。

今までできなかったからこそ、「やっとこれから」頑張るのです。

「ダイエットの成功」の定義は、人それぞれ異なり
このサイトをご覧の方は、とりあえずは「結婚式の日に今より痩せている」
あわよくば、より魅力的と言える状態に仕上げることです。

しかしながら、それで「終わり」とするにはもったいないことであり
また「綺麗な体」を作ることは、その後にも非常に有益です。

花嫁ダイエットは、未来のためのダイエットでもあるのです。

ダイエット最大の敵は「リバウンド」

一度・短期的痩せることは、それほど難しくなくても
その状態を保つことは、痩せる以上に難しいことと言えます。

短期間で痩せれば痩せるほど、短期間で戻る可能性
いわゆる「リバウンド」が起きやすいと言えるのです。

特に、極度な食事制限によって落とした体重は
食事内容をを元に戻してしまうことで、元に戻りやすいものです。

「また太る」という、新たに発生するリスクを抑えるためにも
非常に重要なものであり、しっかりと理解しておく必要があります。

「マイペース」の継続が重要

結婚式までに痩せることができたとすれば
それは非常に喜ばしいことであり、ぜひ頑張る価値のあることです。

しかしながら、やはり「結婚式が終わったからいいや!」ではなく
ぜひこの経験をその後に活かし、より健康的に美しくなって欲しいと言えます。

痩せた後の体重を、3か月キープし続け
その後には、ぜひ緩やかにダイエットを続けてみて欲しいと思います。

もちろん「我慢」のし過ぎは、その分リバウンドを招くものであり
結婚式後には「ご褒美」も必要ですが、少し甘えた後は
また気持ちを新たに、頑張っていきましょう。

短期間で痩せられたることができた、という経験・結果は
自身を持っていいものであり、より「優しいダイエット」であれば

更に長い期間をかけて、じっくり痩せていくこともできるなのです。

バストアップのツボはどこにある?

バストアップを希望する女性の多くが
一度は「バストアップに効果のあるツボ」を探した経験がある思います。

「サプリ」や「ブラ」に頼らずに、またそれらと併用することによって
より大きな効果を得られるのではないかと、誰でも思い描いたことはあるはずです。

また、実際に試してみた女性も多いと思います。

その際に、効果が得られなかったとすれば
それは「タイミング」や「継続期間」に問題があった可能性があります。

この「ツボ」を刺激することによるバストアップは
「一定の条件の下」で行うことによって、
実際に効果を得られる、効果を最大限に引き出すことができます。

「民間療法」としてのバストアップ

ツボとは「東洋医学」的な考え方であり、
「科学的根拠」に乏しいものだとされていますが

  • 生姜が「冷え性」に効く
  • 「胃もたれ」には梅干しが効く

といったように「科学的な視点」から見ても、効果のあることもたくさんあり
何らかの好影響はある、と考えられるものも多いことも事実です。

そして現代では、様々な「不調の回復」や「成長の促進」に
効果的とされるツボの「科学的な研究」も行われています。

実際に広められている、バストアップに効果があると考えられるツボは
バスト周辺を中心に、意外と多く存在します。

最も有名なものでは、ツボというよりも「リンパ節」であり
細かいツボを刺激する前段階の、ベース・準備にもなります。

これは「脇の下」の、へこんだ手前の部分
「大胸筋」を感じる部分の奥側を刺激「揉むように」刺激することです。

いわゆる「リンパマッサージ」であり
「血流」を改善することによって「女性ホルモン」を中心とした
バストアップに効果的な栄養素を、バスト全体に行き渡らせるための準備です。

また、この部分は「渕腋(えんえき)」と呼ばれる
バストアップにとっての、直接的なツボも存在します。

これは、お風呂上がりなどに定期的に続けるべきマッサージになります。

以下「ピンポイント」の部分を簡潔に紹介します。

中府(ちゅうふ)

鎖骨の終わり、肩に近い部分の「指1本分空けた」下にあるツボです。

大胸筋の始まりとなる部分です。

膺窓(ようそう)

乳首の「指5本分」上の部分です。

屋翳(おくえい)

乳首の「指3本分」上の部分です。

天溪(てんけい)

乳首と並行に、いわゆる「横乳」の終わりの部分です。

最も効果があると、考えられている部分になります。

乳根(にゅうこん)

乳首から「指2本分」下にある部分です。

膻中(だんちゅう)

バストが離れる部分、いわゆる「下乳」と呼ばれる部分の
肋骨の中心にある部分です。

神封(しんぽう)

膻中(だんちゅう)から平行に
肋骨の中心から、バストが離れ始める部分です。

タイミングやバランスが大切

これらは、非常に近い部分にあるものですが
なるべく「ピンポイント」で「左右均等に」
「5秒前後3セットずつ」を基準に、刺激するようにしましょう。

そして、これらのツボを刺激する「タイミング」を捕らえ
効果的に刺激することで、より効率的なバストアップが可能になります。

バストを大きくする最も効率的な方法の中でも紹介しましたが
バストが「張っている」時が、バストアップのチャンスになります。

「生理前後」のバストが張っている時期に刺激を与えることで
通常よりも、より効果の高い刺激になります。

やや「痛い」を感じることもあると思いますが
「内側からも押されている」ことになり
上と下から、同時に刺激を与えられている状態であり
単純に考えれば「通常の1.5~2倍」の効率になっているはずです。

焦らず継続する

以上の「ツボ押しバストアップ術」は、効率的な時期を考えつつ
日常的に継続していくべきエクササイズになります。

1日で大きくなることはなく、そもそも東洋医学は時間がかかるものです。

また、重いきり押したからといって効果が増すものではありません。

適度に「あざが残らないギリギリの強さ」を心がけましょう。

>>「FANZAライブチャット」のチャットレディの評判