日常使いするフェイスパックと特別な日のためのシートマスクの選び方

美容に関わる・スキンケアに関わる話題の際に使われる「パック」という言葉は
ひと昔前であれば、<顔全体を覆うマスク状のアイテム>を指すものでした。

今となっては年齢に関わらず、手軽に利用することができるアイテムと言えますが
かつては「特別なケア」や「贅沢なケア」という意味合いが、非常に大きなものであり
また<基本的には中年女性が使うもの>というイメージの強いものでもありました。

現代においては、昔とは比べ物にならないほどに
その形状・効果・目的別に、種類が非常に豊富なものであり
一言で「フェイスパック」と言っても、その種類は様々です。

また<いわゆるフェイスパック>というと、上記したように
顔全体を覆う「シート型」や「マスク型」のものをイメージしがちです。

現在、その形状のアイテムというのは

  • フェイスマスク
  • フェイスシート(マスク)
  • シートパック

様々な呼び名がありますが、ここでは「シートマスク」とします。

最も使われている呼び方であり、今なお「美容パック」の主流と言える形状です。

現代では<パック>というアイテムは
シート型だけでなく、

  • パッチ型(一部・局所的な使い方)
  • 液状パック(泥・ヨーグルト等が有名)

といった、様々な形態が存在しています。

「衰えてきたところ」と集中ケアする

幅広い種類が存在しており、目的・効果によって
使い分け・いろいろ試すことができる、幸せな環境が整っています。

何より「コストパフォーマンス」という点を考えれば
時代流れと共に確実の向上しており、高いレベルのスキンケアが
手軽に・低コストでできるようになったことは、間違いありません。

しかしながら、求める効果・改善目的に対して
適切なアプローチ(パックの選び方・頻度・タイミング・使い方)ができなければ
パックが持つ本来の効果を引き出せず、非常にもったいないことになってしまいます。

また、

  • 状態をよくしたい
  • 悪化した状態を元の状態に近づけたい
  • 衰えを防ぎたい

といった目的によっても、選ぶべきパックは変わってきます。

当サイトでは、「状態」や「年齢」また「目的」に合わせて
自分が求めている・自分に相応しいパックを探す手助けになるよう
ジャンルや特徴に合わせ、厳選したパックを紹介していきます。

一般的なパックではなく、「ネット通販限定」といった隠れたアイテムの中にこそ
あまり知られていない優れたものも多く、ぜひ試してみて欲しいと思います。

「正しい使い方」でコスパを高める

美容パックというアイテムは、価格と質の関係性が非常に深いと言えます。

<値段に比例して効果が高くなる>という、分かりやすい特徴があります。

「高いものはいい」のです。

そのため、基本的には<大きな効果を得たいなら、高いものを選ぶべき>と言えますが
そういった中から、<自分にとって高コスパ>となるものを探す楽しみもあります。

また、パックの持つ美容効果を引き出すためには
<使い方>や「タイミング」と言ったものも大切です。

パックを利用する際に、知っておいて欲しいこととして
<1つの種類しか使ってはいけない>というルールはありません。

  • 3日に一度<美容液としてのパック>
  • 1週間に一度<美白効果のあるパック>
  • 月に一度は<ちょっと高級なパック>

と、好きな頻度・組み合わせで使って問題ないのです。

これらの頻度・タイミング・組み合わせを
自分の肌で<試してみて>ベストな「セット」を見つけることも
パックを使う楽しみ・醍醐味でもあります。

「無限の組み合わせ」が存在する中から
ぜひ、最も自分にマッチしたものを探してみてください。

とにかく妊娠線を消したい産後女性ができること

いわゆる「妊娠線」と呼ばれているものは、「肉割れ」の症状の1つであり
ダイエット経験者(ほとんどのの女性のはず)は、ご存知の方も多いはずです。

  • 急激に太った際
  • 急激に痩せた際

特に、「急に太って急に痩せた」際にできやすく
短期間における、皮膚の激しい伸縮によって発生する症状です。

正に「妊娠」は、これにぴったり当てはまる現象と言えます。

妊娠線の痕は水分が蒸発してしまった場所

皮膚の激しい伸縮が肉割れを発生させ、「痕」に残ってしまうメカニズムとしては
限度(許容量)を超えて皮膚が伸びることで、皮膚が断裂・破壊されることになります。

まずは「表皮」の下の「真皮」と呼ばれる部分が破壊されることになりますが
この部分は新陳代謝が活発であり、すぐに修復(細胞の入れ替え)が起きます。

問題はその更に下のある「コラーゲン質」が破壊されることです。

コラーゲン質は、新陳代謝のペースが遅く、断裂してしまった際には
「更にその下」が露出・吹き曝しの状態になってしまい
その部分から「水分」が蒸発してしまうことになります。

「水分が失われた深い部分にある組織」が肉割れ(妊娠線)の正体なのです。

この水分の蒸発によるダメージが、より「濃い(深い)」場合には
特に痕に残りやすいと言え、こういった深い肉割れは「赤黒く」残る傾向があります。

また、ダイエットによって肉割れが発生する理由としては

  • 激しい運動による細胞組織の破壊
  • 急激な筋肉量の増加による、皮膚の慎重

という、「急に太る」とは違った内容によるものなのです。

残念ながら、「無理のし過ぎ」と言えます。

産後から始める妊娠線の解消法

妊娠線(肉割れ)は、まずは「発生させない」ことが重要になります。

「できる過程」において、常にケアすることが大切なのです。

まずは、肌に「柔軟性」を持たせることで
「壊れにくい」肌を作ることから始めることになり
「妊婦向け」のメディアでの、お馴染みの過程になります。

「入浴の際に揉み解す」といったことが、主なアプローチになります
(もちろん無理は絶対にNGです。妊娠中の長湯は控えましょう。)

しかしながら、問題は「発生してしまった妊娠線」であり
このページをご覧の方は、「できちゃったら遅いの?」と不安な方も多いと思われます。

できてしまった後でも「努力する・しない」によって
その後の経過は全く違うものになります。

まず基本的には、新陳代謝によって肌は生まれ変わるものであり
その機能に加えて、更に改善プローチをしていくことになります。

「揉み解す」という段階は、<もう遅い>という現実がありますが
(もちろん、肌に弾力性を持たすことはいつでもメリットのあるものです)
実際にはやはり、クリームといった<プラスアルファ>を利用することをおススメします。

「妊娠線クリーム」の利用も検討すべき

妊娠線をケアするためのアイテムは
妊娠中から利用する女性も多く、本来は理想的な使い方になります。

しかしながら、出産後に関しても有効なものです。

ただし、その発生メカニズムは独特のものであり
「妊娠線専用」のアイテムの使用をおススメします。

最近では、妊娠線も症状ごとに区別されており
「正中線」といった、「より要因の深い」妊娠線の専用アイテムもあるよです。

症状によっては、水分の蒸発だけでなく「メラニン」も関わっており
両方の要因へ、同時に対処する必要がありケースも考えられます。

妊娠線は「何人産んでもできない」女性もいたり
また、「勝手に薄くなる」という場合もあります。

しかしながら、「やらないよりやる」
それも「できるだけ早く」ということが、非常に重要な症状です。

そして「その割に綺麗」なお腹の女性というのは、陰で努力をしているはずです。

都内のゲストハウスで結婚式を挙げたいカップルにおすすめしたい会場

ゲストの方と、アットホームな時間を過ごしたい
「特別感」溢れる1日を過ごしたいカップルにおススメの
ゲストハウスウェディングですが、一口に「ゲストハウス」といっても
非常に幅広いスタイルがあり「ゲストハウス」というくくりの中から
自分達の嗜好に合ったものを選んでいく必要があります。

たくさん増えたから迷ってしまう

一頃の「ゲストハウス」ブームによって「ゲストハウス風の」会場
日本全国に一気に建造され始めました。

また、元々海外の大使等の「邸宅」として使用されていた
いわゆる「洋館」の中で、現在では使われていないもの
歴史的建造物として、残しておいたものを改装し
新たに「ゲストハウス会場」として利用し始めた会社もあります。

様々な経緯があって、誕生した「新しいスタイル」でもあり
そんな中から「自分達にとって本物の会場」を見つけ出すのは
意外と難しいため「ハズサナイ」「しっかりとした」会場を中心に紹介します。

第1位 アフィーテ目黒(東京/目黒)

「1つのおうち」の中で「本当に親しい」ゲストに囲まれて
「アットホーム」な雰囲気で、というキャッチフレーズに
ピッタリ当てはまる、非常に理想的な会場になります。

ガーデンをはじめとした「自分達だけで使える」施設での
オプションも豊富であり、満足いくプランを立てることが出来るはずです。

費用に関しても、ゲストハウスの中では「かなりリーズナブル」であり
多くのカップルの注目を集めている会場になります。

第2位 アニヴェルセルグループ(日本全国)

アニヴェルセルグループは、ウェディング事業を中心に
日本全国に「ゲストハウス会場」を展開しているグループであり
「ゲストハウスウェディングブーム」のきっかけを作った
「さきがけ」会場と言っても過言ではありません。

「オーソドックスな」外観ではありますが、非常に洗練された
「これぞゲストハウス!」という雰囲気を味わえる会場になります。

ウェディングプランナーをはじめ、サービスのノウハウにも間違いなく
「ぬかりない」1日を作り上げることが出来るはずです。

第3位 スカイホール(東京/浜松町)

「ペントハウスウェディング」という、今までのゲストハウスとは
少し違う「より新しい」ウェディングを提供している会場です。

眼下に広がる東京都心の景色は、多くのゲストの方にも
特別な空間で・特別な時間を感じていただけることは間違いありません。

なんと言っても「JR浜松町駅」「私鉄大門駅」直結であり
新幹線・飛行機といった、遠方からのゲストの方にとっても
便利であることから「ゲストのことを考えた」という点でも
優先して選ぶことをおススメ出来る、今イチオシの会場になっています。