体重は減っているのに見た目が変わらないのはどうして?~「内臓脂肪」が残っていると「皮下脂肪」が落ちにくい!~

本当の意味での「ダイエットの成功」とは
「体重が減った」ことではないはずです。

より重要ななことは、「数値」ではなく
「痩せて見える」ことで間違いないと思われます。

特に女性は「スリムになりたい(見せたい)」からこそ、
ダイエットに取り組むことが、一般的であるはずです。

しかしながら、体重は落ちているのにも関わらず
見た目がそれほど変わらない、ということは珍しくありません。

この現象は、一体なぜ起きてしまうのでしょうか?
まず考えられる、最も単純な要因は「むくみ(浮腫)」になります。

水分の摂取は諸刃の剣

「水分をたくさん摂ろう!」

ダイエットの話題では、必ず聞かれるフレーズです。

これは、「代謝向上」「便秘解消」という観点から見れば
その通りであり、確かに有効なアプローチでもあります。

しかしながら、過剰な水分の摂取というのは
体液(血液・細胞液)が、増えることにもつながる要素であり
細胞1つ1つが抱える水分が増えてしまう、という現象がおきます。

これがむくみの正体であり、「水を抜く」という期間が必要になります。

これだけでも、ある程度は効果が見られるはずです。

そして、減量した数字ほど痩せて見えない原因として
「脂肪が落ちる仕組み」の中の「落ちる脂肪の順番」によって
まだ「皮下脂肪」まで、ダイエット効果が届いていない可能性があります。

ダイエットと呼ばれる、脂肪を落とすためのアプローチの効果は
まずは内臓についている「内臓脂肪」に現れることになります。

主に「肝臓」を中心として、日々摂取する「余計なカロリー」は
いずれの栄養素であっても、「中性脂肪」にカタチを変えて貯蔵されます。

食事制限や、よりエネルギー消費の高い運動をすることで
エネルギーが足りなくなった際に、それらがまずは分解されて使われるのです。

そして、次に「筋肉」に蓄えられている脂肪が使われますが
それと同時に、「タンパク質」も分解されてしまうことになります。

これは代謝という観点から、あまり落としたくないものです。

そしてやっと次の段階で、「太った体を演出している」皮下脂肪が使われ始めるのです。

その「脂肪が使われる部位」に関しては、
「必要のない」と体が判断する部分から使われる(痩せていく)と言われており
それは「面積が大きいから優先する」というわけでもなく
その順番は非常に複雑なものであり「お腹」は最後の方なのです・・・

それだけ、大切な部分ということです。
(ちなみに、お腹の前にバストのお肉が使われると言われています。)

内臓脂肪をとにかく早めに解消する

考えてみれば、体温の保持に必要な皮下脂肪よりも
内臓脂肪を先に燃やすことは、生物として当然のことです。

また健康的な観点で考えた際にも、内臓脂肪が減っていくことは
非常にメリットの多いことと言える現象です。

しかしながら、やはり女性としては
「目に見える要らない部分」を削りたいと思う人が多いはずであり
それならば、より早い段階で内臓脂肪を分解しておく必要があります。

糖質制限と筋トレ

内臓脂肪を、できるだけ早く燃やすためには
「糖質制限」をすることで、「飢餓状態」を作る必要があります。

体を活動させる際の、エネルギーとなるのは
ブドウ糖であり、ブドウ糖が不足することによって
内臓脂肪が、徐々に分解され始めることになります。

またこのブドウ糖というのは、「炭水化物」も含めて
考える必要があることは、広く知られていることでもあります。

しかしながら、たとえダイエット中であっても
だからこそ、ご飯は抜いているから「スイーツ」はいいでしょ!

そういった方は、珍しくないはずです。

また「甘いものだけを1日1食食べる」という方も、多いようです。

しかしながら、「糖質」を制限しなければならないのです。

脂質よりも、糖質を制限するのです。

そして皮下脂肪よりも先に、筋肉が使われてしまうのであれば
同時に「筋トレ」を取り入れることで、補う必要があります。

結局は、本気だったら「糖質制限と筋トレ」なのです!

それはつらい・・・と、思われる方も多いかもしれませんが
最も効果的な方法は、最も単純なことでもあります。

くれぐれも体調には注意して、ダイエットアイテム等の助けを借りながら
より効率的な、食事制限・運動をすることが大切になります。