バストアップのツボはどこにある?

バストアップを希望する女性の多くが
一度は「バストアップに効果のあるツボ」を探した経験がある思います。

「サプリ」や「ブラ」に頼らずに、またそれらと併用することによって
より大きな効果を得られるのではないかと、誰でも思い描いたことはあるはずです。

また、実際に試してみた女性も多いと思います。

その際に、効果が得られなかったとすれば
それは「タイミング」や「継続期間」に問題があった可能性があります。

この「ツボ」を刺激することによるバストアップは
「一定の条件の下」で行うことによって、
実際に効果を得られる、効果を最大限に引き出すことができます。

「民間療法」としてのバストアップ

ツボとは「東洋医学」的な考え方であり、
「科学的根拠」に乏しいものだとされていますが

  • 生姜が「冷え性」に効く
  • 「胃もたれ」には梅干しが効く

といったように「科学的な視点」から見ても、効果のあることもたくさんあり
何らかの好影響はある、と考えられるものも多いことも事実です。

そして現代では、様々な「不調の回復」や「成長の促進」に
効果的とされるツボの「科学的な研究」も行われています。

実際に広められている、バストアップに効果があると考えられるツボは
バスト周辺を中心に、意外と多く存在します。

最も有名なものでは、ツボというよりも「リンパ節」であり
細かいツボを刺激する前段階の、ベース・準備にもなります。

これは「脇の下」の、へこんだ手前の部分
「大胸筋」を感じる部分の奥側を刺激「揉むように」刺激することです。

いわゆる「リンパマッサージ」であり
「血流」を改善することによって「女性ホルモン」を中心とした
バストアップに効果的な栄養素を、バスト全体に行き渡らせるための準備です。

また、この部分は「渕腋(えんえき)」と呼ばれる
バストアップにとっての、直接的なツボも存在します。

これは、お風呂上がりなどに定期的に続けるべきマッサージになります。

以下「ピンポイント」の部分を簡潔に紹介します。

中府(ちゅうふ)

鎖骨の終わり、肩に近い部分の「指1本分空けた」下にあるツボです。

大胸筋の始まりとなる部分です。

膺窓(ようそう)

乳首の「指5本分」上の部分です。

屋翳(おくえい)

乳首の「指3本分」上の部分です。

天溪(てんけい)

乳首と並行に、いわゆる「横乳」の終わりの部分です。

最も効果があると、考えられている部分になります。

乳根(にゅうこん)

乳首から「指2本分」下にある部分です。

膻中(だんちゅう)

バストが離れる部分、いわゆる「下乳」と呼ばれる部分の
肋骨の中心にある部分です。

神封(しんぽう)

膻中(だんちゅう)から平行に
肋骨の中心から、バストが離れ始める部分です。

タイミングやバランスが大切

これらは、非常に近い部分にあるものですが
なるべく「ピンポイント」で「左右均等に」
「5秒前後3セットずつ」を基準に、刺激するようにしましょう。

そして、これらのツボを刺激する「タイミング」を捕らえ
効果的に刺激することで、より効率的なバストアップが可能になります。

バストを大きくする最も効率的な方法の中でも紹介しましたが
バストが「張っている」時が、バストアップのチャンスになります。

「生理前後」のバストが張っている時期に刺激を与えることで
通常よりも、より効果の高い刺激になります。

やや「痛い」を感じることもあると思いますが
「内側からも押されている」ことになり
上と下から、同時に刺激を与えられている状態であり
単純に考えれば「通常の1.5~2倍」の効率になっているはずです。

焦らず継続する

以上の「ツボ押しバストアップ術」は、効率的な時期を考えつつ
日常的に継続していくべきエクササイズになります。

1日で大きくなることはなく、そもそも東洋医学は時間がかかるものです。

また、重いきり押したからといって効果が増すものではありません。

適度に「あざが残らないギリギリの強さ」を心がけましょう。

>>「FANZAライブチャット」のチャットレディの評判