その日々の悩みは「女性ホルモン」が原因かも?

女性の体に「生理」という現象が起きる
その根本要因は「女性ホルモン」の働きにあります。

その、最も大きな目的は「妊娠」「出産」でありそもそも生理とは
受精しなかった「卵子」を排出するための現象になります。

そして生理痛・生理不順とは、排卵~生理までの流れを司る

  • エストロゲン
  • プロゲステロン

という、2つのホルモンの分泌量を調整する過程で
起きると言われており、不安定な時期になりやすいと考えられます。

女性ホルモンが乱れることによって招かれるトラブルは
生理にまつわるものだけでなく、

  • 肌荒れ
  • 脱毛

といった、美容に関するものも多く
女性ホルモンは、女性の体の全ての要素に影響を与えるものになります。

まずは「イソフラボン」の摂取を!

この女性ホルモンの環境を正常化することが
女性が前向きに生きるための、根本的な改善策と考えられます。

そして、そのための大きな鍵を握っている要素が
「食生活」によって摂取する栄養素であり
その中でも「イソフラボン」は、特に重要な栄養素になります。

イソフラボンは、主に大豆(大豆イソフラボン)に含まれているものであり
女性であれば誰でも、一度は耳にしたことがあるはずです。

大豆イソフラボンを代表とした「植物性イソフラボン」と呼ばれる成分は

大豆製品の他に、

  • 梅干し
  • ゴマ
  • リンゴ
  • キャベツ
  • ざくろ

といった食材に含まれています。

イソフラボンの持つ働きとしては、不足している女性ホルモンを補うと共に
過剰に働いていてしまっているホルモンを抑えるというものもあります。

「更年期」に起きる生理不順は、女性ホルモンの減少が主な原因であり
また若年層の、不安定なホルモン分泌も生理痛の要因となります。

このどちらにも、効果を期待できることが大きなメリットです。

摂取が難しいなら「サプリ」の利用がおすすめ!

イソフラボンは、その他の有効成分を含んだ「ハーブ」といったものとは異なり
大豆製品を中心として、日常生活の中で摂取しやすい栄養素になります。

しかしながら、大豆食品が苦手であったり
食が細い傾向のある女性は、サプリ等によるサポートも検討しましょう。

「サプリ」は、漢方に比べてリーズナブルなアイテムであり
特に「更年期サプリ」と呼ばれるものには
主成分として、大豆イソフラボンが含まれていることが多いです。

初潮~閉経まで、何とトラブルもなかったという女性は
非常に稀であり、誰であってもリスクを抱えています。

女性ホルモンの乱れは、誰にでも起きるものであり
そのため「食生活」といった、日常でできる対策しておくことが大切になります。